かぶの栄養|ビタミンCが豊富な葉は栄養価の高い緑黄色野菜     




ホーム » かぶ » かぶの栄養|ビタミンCが豊富な葉は栄養価の高い緑黄色野菜


スポンサードリンク

かぶの栄養|ビタミンCが豊富な葉は栄養価の高い緑黄色野菜

phm03_0371-s.jpg

かぶは古代ローマ時代から栽培されてきた長い歴史を持つ野菜です

日本で栽培されてきたのは江戸時代といわれていて
春の七草の「すずな」はかぶのことです

かぶは種類が多く、産地によっていろいろなかぶがあります
その多くは地域ならではの名物漬物があります

栄養面ではダイコンと同じ消化酵素のアミラーゼやビタミンCが豊富で
かぶを生で食べると効率よく摂取できます

かぶは白い根の部分も葉の部分も食べることができます
葉は栄養豊富な緑黄色野菜なので無駄なく使い切りましょう


【かぶの栄養】
かぶの葉にはβカロテンやビタミンCカルシウムなどが豊富に含まれていて
油でいためたり、たんぱく質の多い食材と組み合わせて料理すると吸収率が高まります


白い根の部分にはビタミンCやカリウム、食物繊維が含まれています
またでんぷんを分解する消化酵素・アミラーゼが豊富なので、
胃腸が弱っているときには特にお勧めです

消化酵素を効率よくとるには生のままサラダやあえ物にして食べましょう



【かぶの保存方法】
かぶの葉を切り落とし、白い部分をポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します
このとき茎を少し残しておくと、切り口から乾燥しにくく、鮮度がもちます

葉はゆでて保存するのがおすすめです
時間がない時はポリ袋にいれて野菜室で保存し、
翌日には調理しましょう








スポンサードリンク

関連記事

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-susana.com/mt/mt-tb.cgi/39




Return to page top