にんじん 




ホーム » にんじん


スポンサードリンク

にんじんカテゴリの記事一覧

鮮やかなオレンジ色は栄養の証|にんじんの栄養素 βカロテン

phfv024-s.jpg
にんじんの原産地は中央アジアといわれています
ヨーロッパに伝わった西洋種と
アジア東方に伝わった東洋種にわけられます

日本へは17世紀から栽培されはじめ、
現在の品種は栄養価の高い西洋種が多いようです

緑黄色野菜の中でもβカロテンの含有量が多いのが特徴です




にんじんの健康成分
にんじんを50gほど食べると、大人のβカロテンの1日の必要量に足りるほど
βカロテンの含有量がとても多いです

βカロテンは、にんじんの色素成分で、体内でビタミンAにかわり
体の抵抗力を高め、活性酸素をおさえる働きがあるので
ガンや生活習慣病の予防に欠かせない成分です

また粘膜を正常に保つ働きがあり、
皮膚、口、目の表面を健康に保つ作用もあります

βカロテンは脂溶性なので、
油と組み合わせて摂取すると
体に効率よく吸収されます



にんじんの主な栄養成分
人の体内でビタミンAに変わるβカロテンをはじめ、
高血圧を防ぐカリウム、丈夫な骨をつくるカルシウム
胃腸の働きを助ける食物繊維も豊富に含まれています





にんじんの保存方法
水気をふいて、冬は紙袋などに入れて涼しい場所に置きます
夏はポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します

切ったものはラップで包み2,3日で使い切りましょう







スポンサードリンク
  • 1




Return to page top